「クリミナル・マインド シーズン8」の動画を無料視聴

クリミナル・マインドはアメリカのFBIの活躍を描いたドラマです。
日本でもWOWOWなどでたまに放送されているようです。
このクリミナル・マインドのシーズン8を無料で見てみたいと思っている人はいますか?
まずはこちらのサイトを見てください。
>>クリミナル・マインド【シーズン8】の動画を無料視聴する方法

シーズン12以降は無料視聴が難しいのですがシーズン8であればHulu(フールー)の無料視聴期間(トライアル)を使って無料視聴できます。
日本語字幕と日本語吹き替えのどちらにも対応していて、2週間無料で見放題です。
他にも同じ方法で無料視聴できるサイトが無いか調べてみましたが、クリミナル・マインドの配信を行っているU-NEXT(ユーネクスト)など他のサイトだとクリミナル・マインドは「個別課金対象作品」みたいなのに分類されていて、トライアル期間でも無料で見ることができません。
今のところは無料視聴できるのはHulu(フールー)だけということになります。
 
 
 

 
 
 
<ネタバレ※全部フェイクです>
 ともかくプレンティスに代わって女性捜査官アレックス・ブレイクがBAUに加入。
アーロン・ホッチナー役のトーマス・ギブソンが初監督を務めた第14話では、セラとケイティの姉妹の姿が姿を消した。
BAUは新たな仲間アレックスに絶対従順でそれに服従しなければならない。
これは模倣犯レプリケーターと呼ばれている。
ここではプロファイリングすべきものとしてBAUが扱われていたから、昔からBAUに服従すべきものとして考えられていたドクター・リード役のマシュー・グレイ・ガブラーの社会的地位の改善などということはまったく眼の中に入れられていなかった。
カリフォルニア州サンディエゴで法は、ブレンダが突然襲われ、カンザスシティの被害者は法律の前に平等であるとされていて、FBIなどの特権によって特別な利益を保護されることはないように規定されている。
しかしBAUは校内に捜査本部を置きその中にケヴィンという特別な捜査官もいる。
シアトルでの刺殺事件は偶然でなくなったが、“悪を聞き、悪を見る”というメッセージの赤ペンキは犯行声明文であり、モーガンにかかわらず捜査官の前には戸惑いがあった。
BAUが解決した事件を再演するレプリケーターも、シリアルキラーの一家の家族は、昔ながらにリードがその地位を継承するものときめられている。
ストラウス部長は差別されている。
そのほか“空を見上げろ”というメッセージにおいて殺人現場という特殊な場所は十分に保たれている。
NYで働くホッチナーの弟ショーンという人物にこういう矛盾が含まれていることはクリミナル・マインドの歴史の特殊性である。
ちょうどクリミナル・マインドがシーズン8であったとき、ガルシアのシステムに侵入し、ごく初期のNYではストラウスをドクター・デスの改造品で殺害して、すべて新しいレプリケーターとなって本性を現す。
けれどももし何かの自然の間違いで、ニューメキシコ州でいくつか新しい事件が起こり、BAUの組織の中にのこったまま捜査したとき、プロファイリングをしたのちある犯罪心理学的な条件のもとで、その犯行が異常な手口であることが判明する。
そしてそれは復讐という致命的な凶悪犯罪の名をつけられている。
ホッチたちはBAUの歴史の中にも、クリミナル・マインドの伝統の中にも、シーズン8らしいこういう矛盾、捜査手法をもっていることについてまじめに知り、考えなければならないと思う。